月別アーカイブ: 7月 2010

介護

急速な高齢化社会を迎え、高齢化とともに認知症患者は215万人から2015年には250万人に増加すると推測されている。80歳以上では4人に1人が認知症を発症している。

現在では、認知症の研究、疫学調査が進み、これまででは考えられないような事実が判明しており、認知症は生活習慣病ではないかといわれるまでになってきた。介護予防の重要性は脳科学のデータをもとに強調されている。

広告