日別アーカイブ: 03/09/2011

認知症が30秒でわかる

NHKのテレビ・「ためしてガッテン」より

群馬大 山口晴保教授 30秒で認知症がわかる
山口式キツネ・ハト模倣テスト
簡単な手指模倣(頭頂葉機能が早期から低下して空間認知の働きが悪なる)でわかる

1.患者と向き合って座る
2.私の手を見て、同じ形を作ってください
3.キツネを10秒見せる
4.ハトを10秒見せる

軽症認知症(MCI)では、キツネの形ができるが、ハトの形が作れない これとMRI検査を併用して診断していく

広告