認知症が30秒でわかる

NHKのテレビ・「ためしてガッテン」より

群馬大 山口晴保教授 30秒で認知症がわかる
山口式キツネ・ハト模倣テスト
簡単な手指模倣(頭頂葉機能が早期から低下して空間認知の働きが悪なる)でわかる

1.患者と向き合って座る
2.私の手を見て、同じ形を作ってください
3.キツネを10秒見せる
4.ハトを10秒見せる

軽症認知症(MCI)では、キツネの形ができるが、ハトの形が作れない これとMRI検査を併用して診断していく

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中