ケアプラン

要介護に認定された人が、どんな介護サービスを、いつ、どのくらい利用するかを計画するのがケアプラン介護サービス計画です。
介護保険で受けることができる介護サービスの上限費用が決まり、その範囲内でケアプランを作ります。費用の1割がサービス利用者自身の負担。ケアプランを作成していないと、介護サービスを利用したとき、その費用はとりあえず全額負担となりあとから9割がもどってくる償還払いとなります。

介護サービスを上手に利用するためには、介護利用者本人と家族が納得できるケアプランを作ることが大切です。
・ふだん介護していて何に一番困っているか。
・最も改善したい点はなにか。
・人が訪問する介護サービスがいいのか。
・医療系のサービスがいいのか。
・介護系のサービスがいいのか。
・介護利用者本人はないにが一番苦手なのか。
・家族の都合も合わせ、サービスの時間帯か曜日の希望。

広告

コメントは受け付けていません。