認知症発症の仕組み

アルツハイマーの新たな発症メカニズムを解明、治療法を提唱
独立行政法人放射線医学総合研究所と独立行政法人理化学研究所は、アルツハイマー病の原因とされているアミロイドの蓄積と、それによって神経細胞が死ぬ過程に、「カルバイン」という酵素が密接に関わっていることを明らかにした。

アルツハイマー病では、アミロイドというタンパク質の塊が蓄積することによって、神経細胞を死に至らしめることはわかっている。さらに、その過程で、神経細胞のなかでカルシウムが増加していることも知られていた。カルシウムの増加に反応して活性化するカルバインが、アミロイド蓄積による神経細胞の障害を促進するだけではなく、アミロイドの蓄積そのものを加速することを明らかにした。

放射線医学総合研究所と理化学研究所は、この研究結果によって、将来的には、カルバインを阻害する薬剤を使って、アルツハイマー病が発症する仕組みそのものを阻止する治療法が実現し得ると、示唆した。

広告

コメントは受け付けていません。