カテゴリー別アーカイブ: 介護

ディサービス

広告

ケアマネのあり方

同検討会は、社会保障審議会介護給付費分科会が昨年12月にまとめた審議報告で、「ケアマネジャーの養成・研修課程や資格の在り方に関する検討会を設置し、議論を進める」と提言したことを受けたもの。具体的には、▽養成カリキュラムや研修体系の在り方▽試験の在り方▽資格の在り方―を中心に議論し、今年秋をめどに中間報告を取りまとめる予定。さらに、「次期(介護保険)制度改正や(介護報酬)改定の議論が始まる前」(厚労省老健局振興課の川又竹男課長)には、最終的な報告をまとめたい考えだ。
厚生労働省は28日、「介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会」(座長=田中滋・慶大大学院教授)の初会合を開き、ケアマネジャーの現状をめぐり意見交換した。委員からは、ケアプランの質の評価を求める意見などが相次いだ。

 意見交換では、ケアプランの質の評価の必要性を指摘する意見が相次いだ。筒井孝子委員(国立保健医療科学院統括研究官)は、「ケアマネジャーの能力を評価する方法を確立した方がいい」と指摘。野中猛委員(日本福祉大教授)は、「どんな(よい)ケアプランを作ろうが、成果として評価されない。成果を評価するインセンティブが必要」と強調した。

 また、ケアマネジャーの研修制度に関しては、畠山仁美委員(日本介護福祉士会常任理事)が、「個々の力量の差をなくすためには、研修しかない。しっかりした体制づくりが必要」とした。馬袋秀男委員(民間介護事業推進委員会代表委員)は、「達成レベルが不明瞭。どのような訓練を入れるか整理しないといけない」と訴えた。
(CBNewsより)

ケアプランへの提言

東京都は「地域包括ケアシステムに向けたケアマネジメント講演会」を開いた(27日、都庁)  「ケアプランを考える視点」をテーマに講演した佐藤教授は、「介護支援専門員は、利用者にとっての自立した日常生活とは、具体的にどのようなものかを見通せる人でなければならない」と指摘。その情報がケアプランに記載されていなければ、「誰にでも使える、個別性のないケアプランになってしまう」と述べ、第2表の長期目標の項目に具体的に書き込むべきと提言した。

 また、介護保険内外のサービスが提供される地域包括ケアを実現するためには、利用者のニーズを把握する必要があると指摘。ニーズを把握する上では、利用者に対するアセスメントやモニタリングを日常的に行っているケアマネジメントが重要な役割を果たすと訴えた。

医療と介護の連携

在宅介護・診療がよりやりやすくなる。
【24時間態勢の訪問介護サービスに報酬を強化】
【夜間往診や訪問看護に手厚く報酬】
この結果、自宅で不安なく医療・介護をうけられるようになれば、高齢者の入院期間も短くなり、病院の勤務医や看護師の負担軽減にもなる。
今後、高齢化の進行で医療と介護の連携は重要になる。医療の診療報酬が2年ごと、介護報酬が3年ごとでは6年に一度の同時改定で連携強化されるに過ぎない。これを揃えていくことが必要になる。

 24時間訪問サービスは、訪問介護と訪問看護の両サービスを、日中・夜間を通じて定期巡回訪問と随時の対応によって提供する。また、複合型サービスは、小規模多機能型居宅介護と訪問看護のサービスを一体的に提供するもので、いずれも看護の関与が不可欠。

認知症発症の仕組み

アルツハイマーの新たな発症メカニズムを解明、治療法を提唱
独立行政法人放射線医学総合研究所と独立行政法人理化学研究所は、アルツハイマー病の原因とされているアミロイドの蓄積と、それによって神経細胞が死ぬ過程に、「カルバイン」という酵素が密接に関わっていることを明らかにした。

アルツハイマー病では、アミロイドというタンパク質の塊が蓄積することによって、神経細胞を死に至らしめることはわかっている。さらに、その過程で、神経細胞のなかでカルシウムが増加していることも知られていた。カルシウムの増加に反応して活性化するカルバインが、アミロイド蓄積による神経細胞の障害を促進するだけではなく、アミロイドの蓄積そのものを加速することを明らかにした。

放射線医学総合研究所と理化学研究所は、この研究結果によって、将来的には、カルバインを阻害する薬剤を使って、アルツハイマー病が発症する仕組みそのものを阻止する治療法が実現し得ると、示唆した。

いつでも安心ケアコール

22:00-7:00の夜間対応型訪問介護
介護利用者は、コールボタン・ペンダントのボタンを押すと、
オペレーションセンターに繋がり、係員を呼び出すことができ、
情報が介護スタッフに通報され、緊急時に介護スタッフが駆けつけ
サービス提供されます。
道具のレンタル料は、
基本料(1ヶ月あたり)1,070円(1,000単位)、通話料は実費で42円(1分間)
介護スタッフ訪問料金、
1回あたり621円(580単位)、定期巡回408円(381単位)

床ずれ防止 体験学習