カテゴリー別アーカイブ: ICT

ITネツワーク

在宅介護サービスは介護支援者(家族、ヘルパーや,ケアマネ)間の情報がスムーズに流れていないと、トラブルの元となります。ケアマネがケアプランを作っていくのにも本人と家族やヘルパーの話を聞くことは欠くことができません。
ケアマネは一人で多数の介護利用者の情報を常時収集しています。同じヘルパーとの情報交流であれば、間違いは起こりにくいでしょうが、現実にはヘルパーの交代がありケアマネも交代することがあります。医師のカルテに相当する電子ケアプランを作り、ここに関係者の情報発信があれば利用者の情報は常時受信することが可能です。
このためにSNSを利用することができます。独立したサーバーを持って、例えば、Andoroidアプリを開発してSNSを作ることはコスト的にも問題はありません。コミュニティの登録と世話するノウハウがあれば情報の交流はスムーズに行えます。

広告